最初はバイトでした 柴田遼 RYO SHIBATA 入社5年/23歳 築地食堂 源ちゃん 宇都宮店 調理主任

バイトからはじまった。

入社のきっかけは、高校2年の夏から始めた「源ちゃん 宇都宮店」でのバイトです。当時、とくにやりたいことを見つけられずにいたのですが、バイトを続ける中でこの仕事を面白がっている自分に気づきました。店長に誘われたこともあり、新卒でサイプレスに入社しました。

※【源ちゃん】サイプレス主力店のひとつ「築地食堂源ちゃん」。築地市場と産直ルートからの新鮮食材で自慢の定食と丼ぶり。コンセプトは、本物・美味しい・たっぷり・築地場外の気軽なお店。

若いひとにどんどん任せちゃう。

 調理主任というのは、店舗の調理に関する責任者です。他社で言えば副料理長ということになるのでしょうか。調理主任として店舗の調理に関する責任を負っていますが、調理だけでなく原価率の設定や仕入れ、棚卸し、そして結果の評価と営業的な業務もしっかり託されます。確かに責任の重さはありますが、むしろ任されることのやりがいの方が大きいです。サイプレスの面白いところは、どんどん若いやつらに任せちゃう、やらせちゃうところ。そして失敗から学べってことなのかと思ってます。

新メニュー提案の楽しさ。

 サイプレスは店舗ごとの裁量が大きく、料理長の個性や地域に合わせたメニューが自由に提案できます。自分たちで新しいメニューを考え、食材選びから原価計算をし、それが当たったりするのは本当に楽しく、自分たちが自分たちの店をつくっている感覚になります。とは言えもろん失敗することもあります。ややだぶついた秋刀魚を蒲焼きで出したのですが、びっくりするほど出なかったというザンネンな経験もあります。宇都宮店は海のない栃木県です。この地域で「源ちゃん」に期待されているのは築地からの美味しい鮮魚なんだということをあらためて学びました。

最初はバイトでした。株式会社サイプレス

サイプレスの労働環境は整いつつある。

 じつは一度辞めたいと思ったことがあります。地方での立ち上げ店のヘルプとして派遣されたのですが、あまりの忙しさに気持ちがめげてしまい、さすがに上司に辞めたいと。ただ、そこからの上司の対応が早く感謝はしています。僕の気持ちをよく聞いていただき、おだやかな気持ちをとり戻ました。そして、これまで以上にがんばることができました。

※【ヘルプ】繁忙期の店舗に通常本社勤務の社員や他店舗のスタッフが業務応援に行くこと。

教えるということにも興味が湧いています。

 最近は、会社全体の労働環境への意識が格段に高くなっている実感がありますが、労働環境に関係なく結局は「人と人」だとも思います。ひとつ感動したことがありました。宇都宮店でアルバイトをしていた男の子が今年新卒で入社するのですが、会社の面接で彼の言った志望同期のひとつが、「僕の下で働きたい」だったことを知り、ひそかにとても感動してしまいました。最近は、「教える」ということにも興味が湧いてますし、そんな新しく入社してくる彼らが、のびのび働ける環境づくりのためにも僕の出来ることを考えていきたいですね。

まずは料理長に。

 今のいちばんの関心は「魚のこと」をもっともっと覚えたいし学びたいということです。職人さんから魚のことを学ぶのが今いちばん楽しいことかもしれません。じつは、とりたてて魚が好きというわけではなかったのですが、「美味しい」と「魚」への興味がどんどん深くなっています。今の店は、いろんな飲食店が並ぶSC(ショッピングセンター)内にあるのですが、SC全体の、例えば「春のメニュー」などの合同企画があります。まずは料理長になって、そうした大きな企画に参加して、メニューの提案をしたりするのはとても楽しみです。そして、この海のない栃木県で新鮮で本当に美味しい魚を提供していきたいです。

最初はバイトでした。株式会社サイプレス

Smaile! CYPRESS

株式会社サイプレス

株式会社サイプレス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館6F
TEL:03-6212-0130
FAX:03-6212-0132

Copyright(C) CYPRESS.INC All rights reserved.

TOP
サイプレス採用情報
お問い合わせ