サイプレスの寿司業態の魅力を若手に伝えていきたいです。

大原 裕之 大原 裕之

営業 スーパーバイザー

一般社員

大原 裕之

おおはら ひろゆき
  • 中途入社
  • アルバイトから

2013年入社

大原 裕之
大原 裕之

僕の始まりは『デリ店』

僕が店長時代に「SV」という役職を意識し始めたのは、入社当時10店舗ほどあった寿司業態のお店がだんだんと少なくなっていき、 デリ店が2店舗になってしまったとき。
僕はいろんな方にお世話になったデリ店を、これ以上減らしたくなかったのです。守っていきたい、むしろ時代に合わせて新しく進化させてもっと広げたい!って思ったのです。

それと同時に一緒にやってきた仲間がどんどん昇格していくのを見て、 自分も同じ土俵で一緒に仕事をしていきたいと強く感じました。
その頃から1つの店舗の責任者である店長から、エリアを統括する「SV」になることが目標になり、現在SVとして奮闘中です。

進化していく寿司業態

現在はデリバリーだけでなく出張パーティー、マグロ解体ショーなどの依頼もいただけるようになりました。一発勝負のパーティーなので主催者との打ち合わせを何度も重ね、全てのお客様に喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、満足してもらいたいという強い思いでのぞんでいます。
100人単位のパーティーができるようになったぶん、綿密な打ち合わせや食材の準備、進行の確認などやることはたくさん。
でも、違う業態のお店の職人さんたちも毎回手伝ってくれて、会社全体でイベントを作っていく感じがものすごく楽しいです!
実はこういったパーティーはお客様の紹介で依頼をいただいていることもあり、本当にたくさんの方に支えられているんだと改めて思います。
でもずっと同じコトを繰り返していてもやっぱり成長はしなくて、その時その時の時代に合わせて、何か新しいことを常に探っています。 現在35歳、2、3年後の40歳近くなるまでには、新しい営業部を発足させ、サイプレスの寿司業態の魅力を若手に伝えていきたいです。

大原 裕之