柿沼 良弥 柿沼 良弥

営業 ベイカーズダイナー 池袋サンシャインシティ店

店長

柿沼 良弥

かきぬま かずや
  • 新卒入社

2017年入社

柿沼 良弥
2017年◇入社
2019年◇調理主任
2021年◇店長
柿沼 良弥

僕が洋食業態で働くことになったのは…

実は僕、高校卒業してからずっと源ちゃんみたいな魚を扱う居酒屋でアルバイトしてたんですよ。だから「築地食堂源ちゃん」の求人を見て、サイプレスに応募しました。同じような業態だったし、できるかなって思って。

それで、両国店でお見合いすることになりました。
そしたらちょうど場所中(東京両国国技館での大相撲)で、結構えげつない営業でちょっと自信なくしちゃったんですよ。びびっちゃったというか(笑)
それを当時の人事の方に相談したら、洋食のお店もあるけどどう?って言われて。
洋食はやったことないけど、やってみるのは無駄にはならないと思って、バルセロナ(バルセロナフィッシュマーケット※当時の海鮮バルのお店)で働くことになりました。

そこで洋食に特化していたとある上司に出会い、サイプレスでの僕の洋食人生が始まりました。
洋食は初めてだったけど、だからこそ毎日新しいことを覚えてすごく楽しかったですね。
あのときその上司に出会わなければ、僕は入社していなかったかもしれないです。新卒として入社後も、いろいろ教えてくれてきちんと僕のことを評価してくれました。1年目ってなかなか評価されないって思ってたんですけど、しっかり僕のことを見ててくれたのでそれがとても嬉しかったです。

結果、未経験だったけど洋食にチャレンジしてよかったなって思ってます。

店舗同士のつながりに感謝です

僕、最初は全然店長を目指していなくて。
主任に上がったタイミングで上司と話して料理長を目指すようになりました。基本ずっとキッチンで料理長を見てきていたので、僕にとってはそれが自然な流れというか、、自分が店長やっている姿が想像ができなかったです。
ベイカーズに異動してから「店長」を目指すようになりました。ベイカーズはすごく小さいお店なので、キッチンだけではなくホール業務や店長業務を僕がやらなければいけなかったのですが、今までやったことない分全然わからなかったです。
手探りでやっていく中、上司がマネジメントのことや原価、人件費、提出物などいろいろ教えてくれました。
その上司は毎日店舗にいるわけじゃなかったので、わからないことがあればサンシャイン源ちゃんの成田店長とかスタンド源ちゃんの林主任に聞いたりして、なんとかやってこれました。
サンシャイン内に他にお店がなかったり、店舗同士のつながりがなければ僕は店長にはなれなかったかも(笑)それくらい色々な方に助けていただきました。

実際店長になって、全部の責任が自分に来ることの覚悟というか、数字にしてもお客様対応にしてもまずは自分の責任になるのでそこが大変だなって思います。

柿沼 良弥

サイプレスの洋食業態を引っ張っていきたい!

これからこのベイカーズダイナーを、とにかく明るいお店にしたいです、物理的にも雰囲気的にも(笑)

物理的な明るさっていうのは、おしゃれなカフェなのに証明が少し暗く感じるんですよ…そこに関しては、部長が手配してくださっているので大丈夫ですが、お店の雰囲気はやっぱり人で変わると思うんです。
このお店は平均年齢がすごく若いので、そこを武器に若いパワーでフレッシュに、忙しくてつらい時ほど元気よく営業できるように僕がひっぱっていけたらって思います。

まだまだ僕は無知なので、これからいろいろ勉強して、サイプレスで洋食業態のお店を何店舗か任せてもらえるようになりたいです!

 

 

柿沼 良弥