自分の店づくりに没頭中!

菅野 圭太 菅野 圭太

営業 築地食堂源ちゃん 深川ギャザリア店

店長

菅野 圭太

かんの けいた
  • 中途入社

2015年入社

菅野 圭太
菅野 圭太

なんか居心地がよくて、結局サイプレスに入社しました

船橋の源ちゃんがオープンして2ヶ月経った頃、アルバイトとして働き始めました。それまでは、大学卒業してから新卒でBtoBの営業の仕事をしていましたがすぐ辞めちゃって、フリーターとして源ちゃんでアルバイトってゆう流れです。当時、オープンしたばっかりというのもあって、とてつもなく忙しいお店でした。なんかすごい広いし。
でも、このアルバイトがすっごく楽しくて。当時松本店長(現副部長)と一緒に働いていましたが、社員のサポートをするっていうポジションにつかせてもらってアルバイトなのに色々な仕事を任せてもらえたのが嬉しかったというか。オープンしたてで色々整備するのが大変だったけど、 松本さんと一緒にお店のシステムを作っていくのが楽しかったです。
そんな中20代後半になり、このままフリーターじゃなあ…って思って、 全然違う業界に就職しました。そこでの仕事内容が、僕に合わなくて、すぐやめちゃいました。最初からサイプレスに入社すればよかったなと。(笑)ちょっと寄り道しましたが、社員として源ちゃんに戻ってきました。目指すはもちろん、店長です。

店長になるために学んだこと

そのあと、松本副部長から武田店長(現副部長)に担当が変わりました。このお二人は全然違う営業スタイルで、特に武田さんはサイプレスでは異色だったと思います。(笑)
今まで僕がやってこなかった、いかにうまく指示出しをするか、ひとを動かしていくかというところを重点的に教わりました。
最初はちょっと受け止めきれないこともありましたが、でも色々なことをお話してくれて、狙い、行動している理由、やらない理由など。
店長になるには、そういう考え方、意識の仕方が必要なんだと学びました。あと、数字に関しては特にお世話になりましたね。

菅野 圭太

目指すは、自分にしかできないお店づくり

そんな僕が店長に上がったとき、なんと木場店に異動になりました。
知らないお店で、いきなり店長としての異動だったのでプレッシャーがすごかったです。忙しすぎてその時は思わなかったけど、今思うとすごくきつかったなと。(笑)
船橋は指揮官として動いていましたが、木場はお店の広さも全然違うし、 船橋スタイルでの営業は難しいって思って。
どうやってベテランのアルバイトさんたちとうまくやっていけるか、 どんな営業スタイルでいこうか、試行錯誤しながら営業しています。 船橋でも木場でもそうですが、繁忙期に売るための策を練るじゃないですか。特に船橋は20人くらいで営業することもあったし、だれがどのポジションで、どういうオペレーションで、そういうことを作戦練って、スムーズに営業できて 売上があがるとき、シンプルに嬉しいしめちゃめちゃ楽しいです。あとは、木場に来て約1年たちますが、自分で採用した子が成長していく姿は見ていて楽しいですね。
そういうのも含めて、やっと自分のお店になってきたかなって思います。 今はコロナ禍でなかなか厳しい状況が続いいていますが、これからも自分の店づくりに没頭していきたいです。

菅野 圭太