ライブ感のある商品を提供していくことにこだわりあり!!

四戸 力 四戸 力

仕入れ 執行役員

管理職

四戸 力

しのへ りき
  • 中途入社

2008年入社

四戸 力
四戸 力

仕入れ部のこだわり

僕たち仕入れ部は、その日に獲れたものをその日のうちに卸す→お店に伝える→お店はお客様のためにメニューを考える→作る→そしてお客様が美味しいものを召し上がる。こうやって会社が一体になって、ライブ感ある商品を提供していくことにこだわっています。
市場での仕入れって、一日として同じ日はないし、日々変化していくんですね。世の中のニーズや仕入れ、市場の状況を毎日チェックして勉強しています。サイプレスは最近、より安全で美味しいものを求めて、生の魚から冷凍ものに少しづつシフトしています。
今までは原料(生魚)を買って、加工場、店内で加工してお客様に提供していました。
ただ、冷凍もの=製品になってしまうのですが、製品ではなく僕たちは原料を買いたいのです。そこで、市場の仲間の会社が生の魚を瞬間冷凍して卸してくれるように準備をしてくれました。
それができることによって、より安いときに、より良いものを、冷凍でも味は絶対美味しいもの、安全なものを仕入れすることができるのです。

市場の人たちとのつながり

なんで市場の業者さんたちがこんなにサポートしてくれるのか。それは、人とのつながり、助けたり助けてもらったり、仲間をどれだけ大事にするかが重要だと思っています。でもただ仲が良いとかそういうのではなく、お互いに一本の線を引いています。それは「値段」です。

「サイプレスの四戸さんとは良い付き合いだから、この値段でも買ってくれるだろう」という業者さんがいたとしてその値段が「サイプレスの店舗で売れる値段」でなければ僕は絶対その値段で買いません。交渉したり、仲買さんとも話をしたり、時にはどちらも譲れず…なこともあります。
でも、だからこそ信用、信頼していただいてるいので、良い関係が築けているのだろうと思います。

四戸 力

若手に継承していきたい

サイプレスがこれからもっと店舗数が増えて大きくなったら魚だけでなくお肉、野菜などに精通したバイヤーが必要になってくると思っています。 同時に加工場の人数も増やしたいので、まな板や包丁はもう準備万端です(笑)仕入れ部で実際に市場で仕入している3人のSVがいますが、こちらももっと人数を増やしていきたいです。

さっきも言ったように、一日として同じ仕入れはなくて、1日、1年のサイクルを繰り返して習得するものだと思っています。
それと僕にしかできない、僕の感覚、社長や専務に教えてもらったこと、やり方などを若手に伝えて継承していきたいですね。
より良いものをお客様に提供するために、ぼくたち仕入れ部もまだまだやれることはいっぱいあるし、どんどん進化させていきたいです。

四戸 力