全てはお客様満足のために!

青野 亮 青野 亮

営業 兼 仕入れ スーパーバイザー

管理職

青野 亮

あおの りょう
  • 中途入社

2014年入社

青野 亮
青野 亮

はじまりは僕のコミュニケーション能力

僕は今までずっと飲食業界で仕事していきました。
そもそもなんで飲食なのかというと、きっかけは学生の頃のアルバイト。 そこで当時チャラかった僕が光るわけですよ。(笑)
コミュニケーションが得意というのもあってか、接客がものすごく楽しくて、お客さんをいかに喜ばせるかを常に考えてましたね。
それで、じゃあ本格的に料理もやってみようかなっていうのがスタートです。僕がサイプレスに入社した理由は、当時結婚を視野に入れていて、 労働環境や給与を基準に仕事を探していたところ、サイプレスを見つけたからです。そして仕入れ部になったきっかけは、調理主任になったばかりのころ人が嫌がるような仕事を自分のものにしてしまえば、 給料が上がりやすくなるかな(結婚したばっかりだったので)、なんて考えで仕入れを進んでやるようになって今に至ります。

仕入れ部のおもしろみ

何か特別なきっかけがあって仕入れ部にきたわけではないですが、今では仕入れ部での仕事は僕の大事な核となっています。
仕入れのおもしろいところって、実際に市場でものを見て、お客さんの喜びを考えて仕入れして、それをお店で提供して、そしてお客さんは喜んでくれる、その生の声をヒントに季節メニューに活かしたりして、それでお客さんがまた喜んでくれる、また僕たち頑張る…この最高のサイクルの中にいることが本当に楽しくて。あと、僕は前職でも魚はそんなに扱ってこなかったので実は魚については詳しくなかったんですけど、仕入れに来ることによって、とても勉強になっています。
きっかけはなんであれ、仕入れ部で仕事をさせてもらっていてよかったなって思います。

青野 亮

スーパーバイザーとしての僕のこだわり

そんな僕はスーパーバイザーとしても仕事をしています。
僕のモットーというか、常に意識しているのが「全てはお客様満足のために」ということ。料理も接客もトータルでお客さんは満足、不満足を感じるのでいらっしゃいませからありがとうございましたまでは、絶対に手は抜いちゃいけない。
来てくれたお客様にいかに喜んでもらえるか、そこにはこだわっています。そして自分の担当のお店には、僕のそのモットーをしっかり伝える。 簡単なようで結構難しいんですけど、今の担当店舗には伝わっているようでそれがまた嬉しいんですよね。
実際アンケートでお褒めの言葉もいただけるようになって そういうアンケート見るとニヤニヤしちゃいます。(笑)

少しハードな生活でも、僕がへこたれない理由

僕はサイプレスで色々な人に支えられているなあっていつも思います。例えば、何か嫌なことあったときや、落ち込んでいるときに、朝仕入れに行って四戸役員の本気の姿を見たり本気でアツく営業に取り組む姿、本社の方々が僕たちのことをフォローしてくれている姿、お客様からいただくアンケートを見ると、「あ、俺へこんでる場合じゃないな」て、いつも思うんですよね。ありがたいことに、会社にいるだけで自然に支えられているんですよね。 今後やりたいことは、それはもういっぱいあります。(笑)その中でも、僕は飛賀屋からこの会社スタートしているのもあって飛賀屋のメニュー開発、メニューのブラッシュアップをしたいです。源ちゃんとはまた少し違った業態で、特に食事需要をもっと大切にしていきたいなって思います。ショッピングセンターで源ちゃんもいいけど、飛賀屋をもっと増やしたい、認知してもらいたい。そのために、今の担当店舗である飛賀屋をもっともっと良い店にしていけるように 日々仕入れ、営業がんばります!

青野 亮